Panalty

Interview

14年前の気持ちを忘れない
– 難波宏明(FC岐阜)

2017.03.01

現在、FC岐阜に所属する難波 宏明選手。
2017シーズンを前に難波選手のFOOTBALL STORY、そして今年の抱負を尋ねた。

ーサッカーを始めたきっかけはなんですか?

日曜日ってどこの家庭も親が起きてくるのが遅いじゃないですか。
ごめんなさい決めつけちゃいました(笑)、遅かったんですようちの親は!
それで何もすることなくて、早く起きて1人で外に出ると少年団がサッカーを家の目の前でやっていて、面白そうだなと思って入ったのがきっかけです。
半年くらいして月謝が滞ってるっていう連絡が来て、両親は初めて僕がサッカーしているのを知るっていう…(笑)

ーでも、ご両親もそのまま続けさせてくれたんですね

そうですね、後にも先にもそれくらいですかね、親が僕にやってくれたことは…
ていうことはないんですけどね(笑)

ーペナルティを履き始めたきっかけを教えてください。

大学1年の夏に、在籍していた流通経済大学のコーチに紹介してもらいました。
当時大学生の、唯一誇れるとしたら高卒で1年プロにいたっていうだけの、
そんな訳のわからない学生にスパイクを履かせてくれた事に、本当に感謝しかないです。

僕、昔から人と一緒っていうのが好きじゃないくて。
今たくさんのメーカーやブランドから商品が出ていると思うんですけど、
ペナルティのスパイクはあまり被らないですし、それだけでも履いているだけで充実感、他のプロとは違うぞという優越感があります。

ースパイクを選ぶ時のこだわりってありますか?

斬新な色をそれぞれのブランドが出していると思うんですけど、ペナルティは蛍光色が多いですよね。
あまり色自体にこだわりはありませんが、目立つ方が好きです。
僕はFWなので、パスを出す方もぱっと関節視野で「あ、難波走ってる、このへんかな」て出してもらえるところがあると思うので、蛍光色はすごく気に入っていますね。

ーなるほど。履き心地はどうですか?

僕は足が幅広なんですよ。
日本人ってそういう人が多いと思うんですけど、海外のスパイクはやっぱり海外の足の形向けなので、細かったりするんですね。
どうしても小指が痛くなったり親指の先が痛くなったりするんですけど、
ペナルティは相当幅広な僕でも痛くならない。
プレーに集中できるスパイクです。

ー試合用と練習用でスパイクは変えますか?

練習で2〜3回履いて慣らしてから試合用にして、それが古くなったらそれが練習用になって、次の新しいものを試合用にしてますね。
ループです。履き始めてから14年続いているペナルティの無限ループです(笑)

ー横浜FCでの活躍を拝見した際に、難波さんはすごい気持ちの入ったプレーをされるな、という印象が強かったです。昔からそういったプレースタイルなのですか?

はい、昔から気持ちでサッカーをするタイプだったんですけど、
再度プロに戻れたというところで※、ここで終わったらもう2度と戻れないぞ、という想いによってもう一つ気持ちの上積みがありました。
それで今まで以上に気持ちが試合に出るようになったのかなと思います。
(※高校卒業後ヴィッセル神戸に入団したが、一年で戦力外通告を受ける。その後栃木SC、流通経済大学での活躍を経て横浜FCに登録、再びプロ選手となった)

ー決して平坦なサッカー人生を過ごされている訳ではないと思うのですが、
壁を乗り越えて、一番軸としていることはありますか?

手を抜かないことですね。
長いシーズン中で今日はちょっと体重いな、という日もありますが、そのなかで目一杯の力を出すことがプロとして絶対条件だと思ってます。
それは練習でも一緒で、とにかく手を抜かないことはモットーというか、目標です。

ー最後に、ペナルティを履き続ける理由と今年の抱負を教えてください。

大学時代、もう一回これからだっていう気持ちが強かった時に、
紹介されたペナルティの担当者さんから「うちはこれからのブランドだ」っていう話をしてもらって、僕とペナルティは共通点があるのかなっていう風に思ったんです。
それと無名の大学生に履かせて頂いたっていう、感謝の気持ち。
もちろん商品が良くなって、自分の足にフィットして、というのもあるんですけど、
根本はやっぱり14年前の気持ちを忘れないようにして履き続けたいなというところです。

僕が活躍すれば、チームを、僕を応援してくれている子供達、サッカーをプレーしている人たちが買ってくれる、そういうところに繋がってくると思うので、まずはこのスパイクを履いて点を取ることが一番の恩返しになるのかなと思っています。

30歳こえて二桁得点を初めて取れたので、まだまだ自分の中ではこれからだっていう気持ちがあります。今12点が自身の最高記録なので、まずはそれを1点でも越すことを目標にやりたいと思います。

ー今後の更なるご活躍、期待してます!

ありがとうございます!

▽TEAM&PLAYERから難波選手をチェック!
http://www.penalty.co.jp/team-player