コカコーラ!

暑くなって来ましたね。でも、今日は
大雨でしたけど。
でも、彼をみれば気分爽快!
ロンドンもしっかり意識してます。
いつも、優しい笑顔をありがとう。


『ファブリシオに3000点』

こんにちは。ユーロ2012も終わりやっと寝不足から解放された池田です。

嘘です。ほぼ録画で観ました。

一番面白かったのは、ブラジル対アルゼンチン。


そう、ユーロではないのです。

親善試合が一番面白かったのです!!

フッキが同じ歳?あの体で?


神様嘘だと言ってくれ。


さて、今日はトジンの通訳、ファブちゃんこと、ファブリシオについて書きたいと思います。

ファブちゃんは27歳のブラジル人です。
たしか、7歳ぐらいから日本に住んでいるので、日本語もペラペラです。

今日も朝から携帯のムービーをイヤフォンなしで見て笑っていました。

音漏れなんて、朝めし前です。

なんてたって、ラテンです。

ロッカーでの配置は、僕の左横にいるのは赤星クンです。右前に、トジンで、前にファブちゃんがいます。
斜め前には、練習生がいます。

今日の会話は、こんな感じです。

僕 『総理大臣杯はいつから?』

練習生 『来週からです』

赤星 『一回戦の相手は?』

練習生 『平成国際大です』

そこで、一番食いついた男。そう。

ファブちゃんです。

ファブ 『俺の大学なんだけど』

そして、
『俺の時は全然だったのになぁー』

と、後輩の活躍に目を細めるファブちゃん。

赤星 『ファブちゃんみたいな人をとってんじゃないの!!』

ファブ 『肉離れしちゃってね。。。』



ん?
どうしたファブリシオよ。

話がまったくかみ合ってないではないか。

赤星が言いたいのは、外国籍の選手をとって強くなったんじゃないかって
話ではないのか?

なぜに、肉離れ!

違う。全然ちがーう!

ラテンのノリでも…


ちがーう。

そして、僕の頭にはこんな言葉が浮かびました。



誰かファブに意味を教える人間はいないのか?


その後、赤星の

『外国籍の選手ってこと!』

と言う、説明でようやく意味をわかったファブちゃん。

きっと彼は、その瞬間頭の中でこんな言葉が浮かんだはず。



「サッカーの国ブラジル。−−その空気を吸うだけで僕はスーパー通訳になれると思っていたのかなぁ…」



と、思ったかは知りませんが、きっとみんなおもっているはず。

まずは、日本一の通訳になりなさい。



これからも彼から目が離せません。







 

 

PROFILE

名前:池田 圭
所属:サガン鳥栖
誕生日:1986年10月20日
出身地:千葉県
経歴:流通経済大学付属柏高校 - 流通経済大学 - サガン鳥栖

CALENDAR

<< July 2012 >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
top